目元がコンプレックス!あなたに合う美容整形は?

下眼瞼下制術のメリット・デメリット

目元の美容整形法には色々なものがあります。それだけ目元でお悩みの方が多いということですが、下眼瞼下制術はきつい目の印象でお悩みの方に選ばれている方法になります。この方法は、目尻側を下に下げることよによって釣り目が解消され、優しい目元の印象になります。この方法は別名「グラマラスライン形成」とも呼ばれる方法ですがクリニックによって呼び方が異なります。デメリットとしては、術後の1週間ほどのダウンタイムがあるということです。

可愛らしさをつくるならコレ!

女性らしい印象を作りたい方や、可愛らしい表情になりたいといった希望をお持ちの方には「涙袋形成」の方法が適しています。この方法は、下まぶたとまつげの下にある涙袋と呼ばれる部分にヒアルロン酸を注入することで、ふっくらとボリュームを持たせることができます。また目を大きく見せるといった効果もあります。その他にも切開法や脂肪を注入する方法があります。デメリットとしては、ヒアルロン酸や脂肪などの注入系は、効果が永久的ではないため継続的な施術を受ける必要があるという点です。

蒙古ひだ形成の方法とは

寄り目でお悩みの方や、元々蒙古ひだのないことがコンプレックスだと感じていらっしゃる方には、「蒙古ひだ形成」という方法が美容整形にはあります。この手術は、目頭部分のヒダを新しく作ることで顔の印象を優しくすることができますし、目が大きく見える効果もあります。デメリととしては、目頭を切開した場合には術後に1週間から2週間ほどのダウンタイムがあるという点があります。また個人差がありますが、痛みや腫れが強く出てしまうこともあります。

フォトフェイシャルの施術に取り組むには、皮膚科や美容外科の専門のスタッフから助言を受けながら、肌に優しいケアを心がけ得ることが大事です。