こんな方法あったの!?ほうれい線を消す3つの方法

脂肪を注入する方法!

自分の太ももや腹部など脂肪の多くある部分から採取した脂肪を、ほうれい線に注入する方法です。ほうれい線には針で注入するため、施術後も跡が残りません。また痛みや腫れが少ないのも特徴的です。自分の組織を注入するため体に害がなく、一度生着したらほぼ永久的な効果を期待する事が出来ます。ただし注入した脂肪全てが生着しないので、脂肪注入の追加をしなければいけない事や、注入した脂肪の一部分だけが固くなる事もあります。

フェイスリフトと言う手術法

フェイスリフトとは顔の一部分を切開して、皮下組織となる筋膜組織をまるごと引き上げる方法です。以前まではこの方法を用いる場合、大きく切開しなければ出来ない施術でしたが、近年では切開する部位を出来るだけ小さくする事が可能になり、施術後の腫れや痛みも少なくなってきて気軽に施術を行えるようになってきています。この方法で施術を行うと、ほうれいせんが消えるだけでなく、顔全体が若返るといった効果が期待出来ます。

ヒアルロン酸注射による方法

ヒアルロン酸注射では、注射器を利用してほうれい線のある部分にヒアルロン酸を入れていく方法です。この方法も脂肪注入と同じように針で注入していくため、肌に傷が残らないと言うメリットがあります。また施術後も痛みや腫れが少なく、人気のある方法です。脂肪注入と異なる部分は、効果の持続日数です。人によって差はありますが、約1年~3年が目安となっています。ヒアルロン酸は体の中にもある成分なので注入しても安心の成分となります。

衣類にしわが生じると清潔感が無くなり、生地にクセが付いて見栄えが悪くなります。洗濯の際に専用の薬剤を使用したり、アイロンをかけて生地を整えることが発生予防の心得です。